フランス的ファッション感覚

ファッションの本質

ファッション大国と呼ばれるフランス。

私が初めてフランスに来た冬真っ只中の2月は、街並みもファッションもモノトーンだった。

フランス人はオシャレだというけれど、そうでも無いじゃん。

なんか皆シンプルで、黒いアウターばかり着ていて、日本人の方が圧倒的にオシャレに気を遣っているなと。

初めはそういう印象だったパリ。

ところが、数ヶ月経つ頃に徐々に見えてきたファッションの本質。

凄い。何だろう。

「同じような服装をしているのに、皆個性的で美しい」

 

オートクチュール

フランスにはオートクチュールの文化がある。

デザイナーがデザインしたものを顧客の体に合わせて仕立てて売るというスタイルが今でも体系だって存在する。

だから「洋服は自分の体格に合ったものを着る」という事が大前提にあるような気がする。

周りをよくよく見渡してみると、ハイブランドを身にまとっているのは

一部の有名人やファッション業界の人で、

一般的にブランド物の鞄や時計、流行りの服を身に付けている人は少ない。

シーズンごとに変わる流行の服を買いに走る事は無く、

自分のお気に入りの本当に似合う服を何年も大事に着込み、着回している。

そこで重要なのは、この洋服は「自分に似合うか」である。

 

プロとしての在り方

以前、私が買い物をしていた服屋で

一目見てビビッときた好みのデニムを発見した私は早速試着をした。

何度見ても可愛い。よし買おうかな。鏡の前でそんな事を考えていた私を見た店員さんはこう言った。

「あ~これはあなたのサイズでは無いわね。大きすぎるからこれはダメね。」と。

あまりにも衝撃的すぎた。結局そのデニムは売ってもらえなかった。

後に分かったが、こういう光景はフランスでは日常茶飯事だ。

洋服屋の販売員はプロとしてお客さんと対等に接しアドバイスする。

そしてサイズをとても重要視している。要はその人に似合うか否かである。

ああ、なるほど。フランス人が美しいのは「自分に合った洋服を着ているからだ。」

美しさとは

私の旦那はフランスのハイブランドで10年近く働いている。

ズボンを試着した私を一瞬見て、「このラインにしわが入っているから少し大きい。歩いた時に後ろの生地が余ってしわが寄って美しくない」と。

どうやら、カット(形)が合わないらしい。

言われるがままに別のカットのズボンを試着した後ろ姿を見てハッとした。

歩いた時の後ろ姿が美しく見える。これが私にピッタリのカットとサイズなんだろう。

歩いた姿なんて気にした事が無かった。

私は服を見ていた。彼は服を着た私を見ていた。この違い。

旦那は職場で

その人の骨格や筋肉の付き方、肌の色や歩き方の癖、靴とのバランス、宗教やドレスコード等を見てスーツを選び針を打ってお直しをし、その人の魅力を最大限生かせるベストな状態に仕上げる。話を聞いていると本当に奥深い。

たまにくる日本人観光客のお客様からの質問はもっぱら

「今流行っている服はどれですか?」

「ここでしか買えない限定品はありますか?」

一方、現地の人が彼にする質問は

「この服(この形)は自分に似合っていますか?」らしい。

日本人の色彩感覚

日本には着物という素晴らしい文化がある。

着物の場合は定まった大きさの着物と、帯との調和を楽しむもののようにみえる。

だから日本人はカラー×カラーを合わせるのに長けているし、

カラーでバランスを取る事が上手なんじゃないかと思う。

帯との抜群の色の調和が取れた着物姿はハッとする程美しい。

桜色、灰桜色、若草色、灰汁色、藍色、柳色。

自然の色をこんなに繊細に識別するなんて、なんて高度な文化!

虹は日本人には7色に見えるけど、フランス人は5色で表すし、

モンゴル人は3色に見えるらしい。

私は、日本人の色彩感覚世界最高説を唱えています(笑)

自分に似合った服を着る事が美しいというフランスの価値観

「その人らしさ」が美しく見えるんだと改めて体感しています。

日本人の色彩感覚で自分に合った服装を身にまとった時は世界最高のものが出来る。

日本の伝統色のもつ着物をもっと世界に知らしめたいな。

ファッション大国フランスに対抗して、着物美の日本。

日本人的感覚の着物は唯一無二だと確信しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。