Homanufa

昔の当たり前を今に

手仕事で生み出される愛され民具

 

時間を巻き戻すことはできない。

だからこそ大切なことは受け継いでいくことが大切。

なんでもない当たり前も、

そこから離れてみれば、かけがえのない存在だったことがわかる。

わかった時に手遅れにならないように。

 

やってみよう。と踏み出した一歩で

島に伝わる大切な民具づくりを継承、

若い世代にもそれを受け継いでいく大切な役目を

自然と担っている素敵な作家さんのご紹介です。

 

何気ない日常に民具があることで

それは今ではなかなか手に入らない昔の上等であり、

憧れのものになっています♪

 

★:*:☆ Homanufaさんにお聞きしました!☆:*:★

 

★ハンドメイド(手仕事)を始めたきっかけを教えてください。

民具は欲しくても作者の高齢化や作り手不足により出回る事が少なく、自分自身が用途に合わせて持ち歩きたいサイズや形がなかったことで作りはじめました。

★あなた作品はどんな人に好まれますか?

 

老若男女に好まれるバッグ

 

★あなたの作品はその人にどんな良い影響を与えますか?

 

八重山地方で活躍してきた、昔ながらの籠(かご)バッグは畑や山、海での仕事に欠かせない丈夫なバックとして、仕事道具やお弁当を運んだり、採れたものを入れたりと、様々な使われかたをしてきました。近年ではその良さが見直されて来て、若者はファッションの一部として、年配の方になると普段から持ち歩きたいなど老若男女に好まれ、持っているだけで羨ましがられる物。

★作品は何にこだわっていて、何がウリですか?

主に素材となる材料は全て自然素材で、アダン、月桃、麻、芭蕉、リュウゼツラン等の繊維を縄にして、大きさデザインを変え1つ1つ丁寧に仕上げられること。

★あなたのブランド(らしさ)を一言でいうと?

 

八重山を持ち歩けるということ

 

★Homanufaさんの作品はどこで購入できますか?

 

インスタやネットショップ、イベントでご購入できます!

 

◆インスタグラム

 

https://www.instagram.com/antukuru_homanufa/

◆ブログ

 

◆ネットショップ

 

Twitter 

 

:*:☆ Homanufaさんありがとうございました!☆:*:★

手作りの草履や買い物バッグ、

温かみも機能も見た目もどれをとっても素敵ですね♪

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。